車の『赤枠ナンバー』とはどんなものですか?

回答 
自動車を登録するためのナンバープレート。普通自動車や軽自動車など、一般的に使用されているもののほかに、少し変わったプレートがあるのをご存知でしょうか?

その中の一つが、『赤枠ナンバー』です。

『赤枠ナンバー』とは、白地でまわりが赤く縁どられているナンバープレートのこと。正式名称を『回送運行許可番号標』といい、『ディーラーナンバー』の名前でも知られています。また、その見た目から『赤ナンバー』とも呼ばれています。

では、この『赤枠ナンバー』とは、どんなものなのでしょうか?

『赤枠ナンバー』とは、車検切れや登録抹消など、ナンバープレートのない車に、一時的に道路を走行させるためのナンバーです。中古などで車両登録のない車でも、このナンバーを付ければ公道を走ることができるのです。

これとよく似たものに、車検切れの車を車検場まで運ぶための『仮ナンバー』があります。こちらは白地に赤の斜線が入っているもので、ひょっとしたら使ったり、見かけたことがあるかたもいらっしゃるかもしれません。

見た目にもよく似ている『赤枠ナンバー』と『仮ナンバー』ですが、実はさまざまな点で異なっています。

一体、どんなところが違うのでしょうか?その一つが、有効期限です。

仮ナンバーの有効期限は最大5日間で、期限が切れれば速やかに返却しなくてはなりません。また、貸し出しができるのは使用する当日か、その前日に限られています。

一方、赤枠ナンバーの有効期限は、最長で5年間です。一度取得したプレートは手元に保管しておくことができるので、いちいち借りに行ったり、返したりという必要はありません。

使用用途の範囲にも違いがあります。

仮ナンバーが使えるのは、基本的に『車検切れの車を、再車検のために車検場まで運ぶとき』などに限られています。それ以外の目的で使用することはもちろん、事前に申請した以外のルートを運転することもできません。

しかし、赤枠ナンバーの使用範囲はそれよりはるかに広く、業務に関する用途であればどこでも使うことが可能です。

そして最大の違いは、赤枠ナンバーを使うには特別な許可申請が必要だということです。

仮ナンバーを管理しているのは全国の市町村役場で、申請すれば誰でも借りることができます。しかし赤枠ナンバーは運輸支局が管轄しており、誰でも使えるわけではありません。使用は車両の販売業、製造業、陸送業、分解整備業の業者に限られており、要件を満たしたうえで、運輸支局の許可を受ける必要があるのです。

少し変わった『赤枠ナンバー』。付けて走っている車がいないか、注目してみるのも良いかもしれません。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!