どのくらいの費用がかかるのか?

回送運行許可取得にかかるコスト

回送運行許可にかかる費用

項目 費用
通常申請書作成料

モニターキャンペーン
申請書作成料

78,800円

モニターキャンペーン適用で
28,800円!

通信事務手数料 1,000円
モニターキャンペーン
合計基本料金
79,800円

モニターキャンペーン適用で
29,800円!

   
回送運行ナンバー貸借料 2,050円~/枚月
(貸出し枚数と期間により増減します)

回送運行許可申請書作成サービスオプション

法人登記簿謄本取得代行
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
4,000円(1回1社様1通分)
(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)
会社定款変更手続き

 

(※会社の事業目的に「中古自動車の売買」or「自動車陸送業」or「自動車製造業」or「自動車整備業」が含まれていない場合、許可申請の事前に定款変更と新定款の作成が必要です。)

40,000円(1社様1回分、印紙代別)
個人住民票取得代行
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
4,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)
書留配達証明郵便
(※普通郵便で書類を送るのが不安な方向けサービス)
3,000円
(手続実費1,680円+手数料1,470円)

回送運行許可では、許可申請にあたっての印紙代(手数料)や登録免許税(税金)といった古物商許可申請のようなコストはかかりません。
許可後のディーラーナンバーを借りる『回送運行許可番号標貸与申請』時に、番号標の使用料(ナンバー・レンタル料)がかかります。
手続は、営業所最寄りの陸運支局に回送許可申請書類一式を提出し、書面(および、場合によって現地)審査後に許可、回送運行許可番号標貸与申請を経て、晴れて念願のディーラーナンバーが使えるようになります。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバーは手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!

回送運行許可にかかる費用

回送運行許可申請手続きのながれ

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバーは手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!